姓名判断画数の計算法


こちらでは姓名判断の旧字体による画数の計算法を中心にご紹介します。

【占う字体について】

姓名判断で使う字体は主に2種類あります。1つは新字体という一般的に使用されている漢字です。そしてもう一つは昔使われていた旧字体というものです。この旧字体には「榮」「瀧」などのように現在では見ることが少ない漢字が多くあります。 どちらの字体も姓名判断では多く使われているので当たっていると思う方で占うと良いでしょう。


【部首の画数計算法】

一部の部首はそのままの画数では数えません。起源となる字で計算します。 例えば「さんずい」という部首の起源は「水」なので3画ではなく4画です。そのまま数えると「池」は6画ですが、姓名判断では7画になります。 詳しくは次の対応表を参考にしてください。左側が起源になる漢字とその画数で右側が部首の名称です。

水(4画)…さんずい
手(4画)…てへん
心(4画)…りっしんべん
犬(4画)…けものへん
月(4画)…つきへん
爿(4画)…しょうへん
玉(5画)…たまへん
示(5画)…しめすへん
糸(6画)…いとへん
艸(6画)…くさかんむり
衣(6画)…ころもへん
肉(6画)…にくづき
邑(7画)…おおざと
(7画)…しんにゅう
阜(8画)…ことざとへん


【繰り返し記号の画数】

一般的に繰り返しで使われる「々」はそのまま数えるのではなく、手前にある字と同じ画数を用います。 「佐々木」をそのまま数えると14画ですが、「佐佐木」で計算するので18画になります。
ただし、これも「々」は3画で数える方が良いという説もあるので、その方法でも試してみると良いかも知れません。


【漢数字の画数】

名前に漢字の数字がある場合、その数がそのまま画数になります。 「五」は5画、「六」は6画、「七」は7画という具合です。 ただし、その数え方は10までの数字のみで、「百」や「千」などにその方法は適用しません。 また、旧式の漢字である「壱」などは、普通の字として数えるので12画になります。


基準となる五格
トップページ

(C)陰陽式姓名判断.07