基準となる五格


【五格について】

名前に使われている字の画数を調べたら、次は五格を割りだします。
五格とは「天格、人格、地格、外格、総格」の五つを示し、これらが吉凶を調べる基準となります。
流派によって五格の呼び方に違いはありますが、計算の仕方と内容はだいたい同じです。


【天格】

姓の画数を合計した数。
例: 山田 太郎
⇒ 天格は8画
天格はこれ単体だけで個人の運勢の判断材料には基本的にしません。
他の四つの格との組合せで運勢を判断します。


【人格】

姓の最後の一文字の画数と、名の先頭の一文字の画数を足した数。
例: 山 田 太
⇒ 人格は9画
(この場合、田と太の画数を足したものになる)
人生の中期である30代〜50代に強く影響します。


【地格】

名の画数を合計した数。
例: 山田 太郎
⇒ 地格は18画
人生の初期である30代前後までに強く影響します。


【総格】

天格と地格の画数を合計した数。
例: 山田 太郎
⇒ 総格は28画
その人の生涯すべてに影響し、晩年の運勢にも影響します。


【外格】

総格から人格の画数を引き算した数。
例: 田 太
⇒ 外格は17画
対人面や恋愛での傾向や、周りに与える影響力を見ます。


仮字で五格を完成
トップページ

(C)陰陽式姓名判断.07