仮字で五格を完成


【仮字について】

姓名判断では姓と名のどちらかが一文字の場合に「仮字」というものを使います。仮字とは架空の文字のことで、姓が一文字の場合はその上に、名が一文字ならその下に付け足します。

例を挙げると…
※○は仮字を表す。

谷 慎二
⇒○谷 慎二

鈴木 準
⇒鈴木 準○

という具合になります。そして、この仮字は画数を「1」持っています。

例えば「谷 慎二」さんの天格は普通に計算すると7画ですが、仮字の画数1を足して天格は8画になります。

そして、五格の計算をする際に「天格・地格・外格」の3つには仮字の画数を計算に入れますが「総格」の計算には入れない決まりになっています。

もちろん姓名ともに1文字の場合は両方に仮字を付け足してください。逆に姓名ともに2文字以上の場合、仮字は適用しません。


陰陽説で占う吉凶
トップページ

(C)陰陽式姓名判断.07